人間と同じように犬も病気にかかることがあります|もしもに備えよう

犬と周囲の環境を守るには

2匹のイヌ

主従関係を理解させる意味

犬のしつけをする上で最も注意するべき点は主従関係をはっきりさせるということです。犬は上下関係に敏感な動物で自分よりも格下の言う事は聞こうとしません。なので、可愛いからと言ってあまり甘やかしすぎてしまうと自分よりも格下だと思われてしまうので、気をつけなければなりません。しつけのできていない犬は急に周囲の人に襲いかかったり、変なものを拾い食いしたり、無駄に吠えたりする可能性があります。こうした事態を避けるために犬のしつけは必須なのです。犬のしつけをすることによって周囲の人たちや犬自身を守ることに繋がるのです。犬は頭が良く、人間の言葉を理解することも出来ますから、しつけは決して難しいことではありません。

覚えさせたいしつけとは

主従関係を理解させる上で行いたい犬のしつけがアイコンタクトです。アイコンタクトをとることによって犬の行動を抑えることが可能になります。犬の行動を抑えられるようになれば、犬が急に車の前に飛び出そうとした時などに止めることが出来ます。また、アイコンタクトを行うことで上下関係をはっきりさせることも出来ますので、一番最初に覚えさせたいしつけと言えます。犬のしつけをする時には、ご褒美を上げることが有効です。犬が行動をした後におやつをあげたり、褒めることで犬が喜びます。犬はご褒美を貰った場合その行動を繰り返す傾向があります。なので、この傾向を利用することでしつけがやりやすくなります。犬のしつけをするときにはうまく褒めてあげましょう。